LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2021.01.25

少ないエネルギーで効率よく部屋を暖めるテクニック

サーキュレーターの活用で部屋をより快適に

厳しい寒さが続くと、エアコンをガンガンきかせていても、室内がなかなか暖まらないということがありますよね。
早く室内を暖めたくて風速を「強」にしたり、暖まるまで設定温度を高くしたりしていませんか。
でも、そうすると電気代が心配。
それに、電力をたくさん使うということは、二酸化炭素の排出量増加にもつながるため、エコ的にもあまり良い方法とは言えません。

そこで、家計的にもエコ的にもぜひ取り入れてほしいのがサーキュレーター。
風を起こすことで室内の空気を循環させるサーキュレーターは、エアコンと組み合わせて使うことで高い効果を発揮します。
でも、サーキュレーターは適当に室内に置くだけでは、まったく効果ナシ。
正しい場所や向きに置くことでこそ、十分に効果を発揮できるのです。

◆ポイント1:エアコンもしくは天井に向ける
暖かい空気は上に溜まり、冷たい空気は下に溜まるという性質があります。
そのため、サーキュレーターを床に置いて横向きに使っていても、冷たい空気をかきまぜるだけ。
エアコンの方向に向けて暖かい空気を部屋全体に拡散させる、もしくは天井の方に溜まった空気を室内に循環させると、暖かい空気が部屋全体に広がります。

◆ポイント2:エアコンに近くに置く
エアコンから遠い場所は空気が暖まっていないため、暖かい空気を循環させることができません。
家具などの配置にもよりますが、サーキューレーターはエアコンのなるべく近くに置くようにすると良いでしょう。

◆ポイント3:部屋の広さにあったものを選ぶ
せっかくサーキュレーターを置いても、風力が弱いと室内の空気をしっかりと循環させられません。
そのため、選ぶ際は「適応床面積」や「対応畳数」をチェックして、部屋に合ったものを選ぶのがポイント。
また、選ぶ際は、羽の音が気にならない静音機能がついたものを選ぶのがオススメです。

サーキュレーターを置くだけでそこまで温度が変わるの?と思うかもしれませんが、正しい位置におけば効果は抜群。
エアコンの設定温度を下げても、室内全体が十分に暖まるようになるため、電気代の節約にもつながります。
金額はモノによって様々ではありますが、エアコンほど高額ではないので一度購入して試してみるというのもオススメですよ。

寒さが厳しい時はアルミシートの活用も

エアコンやサーキュレーターで室内の空気を暖めた時は、その熱が逃げないようにする対策も快適な環境を守るポイント。
手軽に取り入れられるのは断熱や防寒に役立つアルミシートの活用です。

アルミシートは100円均一でも売っているほど手に入りやすいのに、様々な場面で活用できるという優れもの。
例えば
・カーペットの下に引いて底冷え解消
・部屋の窓に吊り下げて冷気を遮断
・ドアに貼って冷気の出入りをブロック
など。

簡単にプラスしたり取り外しができる手軽な防寒対策なので、寒さが気になる時はぜひ使ってみてください。

見落としがちなのが
エアコンそのもののメンテナンス

サーキュレーターを使用するにしても、そもそもエアコンの効きが悪くなっていたら意味がありません。
エアコンは月2回程度の間隔で掃除をすることが推奨されていますが、最近エアコンを掃除したのはいつでしょうか?
フィルターをきれいにするだけでも効きが変わるので、一度チェックしてみると良いでしょう。

エアコンが届きにくい位置にある、内部が複雑であまり触りたくない、という人は思い切ってプロに頼むのもオススメ。
夏や冬などエアコンを使う機会が多くなる時はプロへの依頼も多くなるため、シーズンオフの時に頼むのがポイントです。
事前に掃除・確認しておけば、使いたい時に「全然効かない!」となることもありませんよ。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す