LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2020.11.02

家を建てる時は、どんな間取りを選ぶべき?

日々の暮らしをより充実させる
人気の間取りって?

快適な暮らしをおくるうえで重要なポイントとなるのが“間取り”です。
生活導線や暮らし方に大きく関わるため、じっくり検討したいところですが、何の資料もなくイチから考えるのは難しいですよね。
そこで今回は、ご自宅の間取りを考えるうえで参考になる「最近人気の間取り」をご紹介します。

●対面式キッチン
近年、主婦の方々に人気があるのが、リビングと向かい合う形の対面式キッチンです。料理をしながらリビング全体を見渡せるため、子どもの様子を見ながら調理できる点や、家族とコミュニケーションをとりながら作業できる点がポイント。リビングにもニオイが流れてしまうのがデメリットと言えばデメリットですが、換気扇を回しながら調理すればそこまで気にならないでしょう。

●ファミリー式クローゼット
従来、洋服などは各自の部屋の収納にしまうスタイルが多かったのですが、近年増えているのが、家族の衣類をすべて1箇所にまとめてしまうファミリークローゼットタイプ。各部屋の収納を洋服以外のものに有効に使えるほか、洗濯物をまとめる手間を格段に省くことができます。浴室とつなげて設置すれば下着を持って行き忘れるなどのウッカリの防止にも。朝の忙しい時間帯にクローゼットが混み合う可能性はありますが、家族が協力し合えば上手に使えるでしょう。

●ウォークイン玄関収納
洋服のクローゼットもウォークインタイプが増えてきていますが、玄関収納も同じです。玄関に隣接したウォークイン収納があれば、ベビーカーや三輪車、洗車道具などが手軽に収納できます。さらにシューズもサッと収納することができるので、来客時に玄関をスッキリ広く使えるというメリットもあります。

●リビング階段
玄関前や廊下ではなく、リビングとつながった階段のことです。必ず家族が集まりリビングを通過しなければ2階に上がることができないため、子どもが学校から帰ってきた時の様子などを見守りやすくなります。また、階段下のスペースを収納にあてれば、子どもがリビングで使ったおもちゃなどをスッキリと片付けることもできます。来客時に、こまごましたものをサッと収納するのにも便利ですよ。

最近人気の間取りはいかがでしたでしょうか?
日々の生活スタイルによって必要な間取りは各家庭で異なります。
人気の間取りを参考にしながら「ウチならこうがいい」「コレは取り入れたい」など、ぜひ家族全員で話し合ってみてはいかがでしょうか。

コンセントには要注意!

昔以上に生活の必需品となっているのが“電気”です。

室内の照明はもちろんですが、パソコンやスマートフォン、タブレットなど様々なものの充電が必要になるため、家族でコンセントを取り合いしているというご家庭もあるのではないでしょうか。
それに、広いリビングの隅っこだけにしかコンセントがない場合、掃除機が全体にかけられなくて困る、ということも。

理想は、日々の暮らしを想像しながら、過不足なくコンセントを配置すること。
多めにあれば良いのでは?と思うかもしれませんが、コンセントを余分に設置しすぎると建築費が上がってしまいます。
あらかじめ、必要な数をじっくり吟味しましょう。

間取りを考える際は
採光や音の問題も忘れずに検討を

間取りを考える時は、つい設備や配置に目がいってしまいがちですが、採光や音の問題を考えずに決めてしまうと、せっかくの間取りが台無しになってしまう可能性があります。

例えば、せっかく広く収納もある玄関を設置したとしても、外からの光があまり入らない形になっては暗くてジメジメした雰囲気になってしまいます。
また、子どもがいる家庭では、リビングや寝室の上に子ども部屋を配置してしまうと子どもの足音が響いて気になる…ということも。

希望の間取りを取り入れつつ、ストレスのない暮らしを実現するためには、間取りを決め込んでしまう前に施工業者に相談を行うのがポイント。
過去の施工実績などから起きやすいトラブルを把握することができるので、後悔しない間取りづくりに一歩近づけますよ。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す