LIFE PICK UP住宅購⼊コラム

家の「困った」を気軽に相談できる「住まいるダイヤル」

誰に相談したらいい?迷った時の強い味方

新しく家を建てる時や、念願の新築住宅にトラブルが起きた時、
「誰かに相談したいけれど、誰に相談すればいいのかわからない…!」
と悩むことがありますよね。
そんな時にぜひ活用して欲しいのが、 国土交通大臣指定の相談窓口「住まいるダイヤル」です。

〈住まいるダイヤルとは…〉
国土交通大臣から指定を受けた(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる住宅専門の相談窓口。
一級建築士が無料で答えてくれる窓口で、年間3万件以上の電話相談が寄せられています。

国土交通大臣指定で、企業やメーカーとは関係ないため、安心して相談できるのが嬉しいポイントです。
新築住宅のほか、リフォーム工事などに関する幅広い相談も受け付けており、例えば…

●雨漏りや傾き、ひび割れなど住宅に不具合があるけれど、どうすればいいのかわからない…
●事業者とトラブルになってしまって困っている…
●リフォーム費用の見積を出してみたが、妥当な金額かどうか判断できない…
●修繕や建て替えについてアドバイスが欲しい…

など、トラブルなどの重い相談から修繕などライトな相談まで気軽にプロに聞くことができます。
さらに、建てた家が建設住宅性能評価書が交付された「評価住宅」や、住宅瑕疵担保責任保険が付保された「保険付き住宅」だった場合は、

●専用のフリーダイヤルでの相談
●弁護士・建築士のペアによる無料の対面相談
●弁護士・建築士等が間に入る紛争処理

などを利用することもできます。
今は特に困ったことがない、という場合でも、長く住んでいるうちに、いつ「困った」という状況になるかわかりません。
特に、新築住宅を建てたばかりはまだメーカーさんにも相談しやすいですが、時間が経つと「今頃こんなことを聞いてもいいのかな…?」と不安に思ってしまうこともありますよね。
そんな時のサポートのひとつとして、「住まいるダイヤル」という選択肢があることを知っておくと、不安が少しは和らぐのではないでしょうか。

【国土交通大臣指定】
住まいるダイヤル®︎
0570-016-100

似たような事例が探せる「トラブル対応ナビ」

住まいるダイヤルのホームページでは、簡単な質問に答えることで、困りごとに近い相談事例や相談先を確認できる「トラブル対応ナビ」という仕組みもあります。

また、相談前に「よくあるご相談一覧」ページを見ていると、どんな風に解決してきたかの前例が確認できるので参考になりますよ。

もちろん、すぐに電話で相談しても良いのですが、事前に似た事例を確認することで、どのような解決ができるのかあらかじめ情報が整理できるのでオススメです。

購入時はアフターサービスも
事前に確認を

家は建てるよりも、建ててからの方が期間が長く、その間メンテナンスやトラブルなどが起きてしまうこともあるでしょう。
そのため、購入時には事前にアフターサービスや保証期間を確認しておくことが大切です。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」という法律により、新築住宅は必ず10年の保証がついています。
その後の延長保証や最長保証については、各メーカーによって条件が異なります。

イーカムではアフターサービスを重視しており、購入後でもお気軽にご相談いただけるよう24時間の緊急対応サービスなどもご用意しております。
詳細はぜひイーカムまでお問い合わせください。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す
まずは無料相談