LIFE PICK UP住宅購⼊コラム

半年〜1年で家チェックがマイホーム長持ちの秘訣

メンテナンスは業者まかせではなく
自分でやるという意識を

念願のマイホーム。
特に戸建ての場合は土地探しから間取りの調整など、家を建てるまでの間にやることが多いため、家を建てるとつい「やり切った」気分になってしまいがちです。

しかし、家との付き合いはむしろ手に入れてからがスタート。
住宅はどうしても、住んでいる人々の行動に伴うダメージや風雨にさらされるなどの外的刺激、そして経年劣化などの影響で年々ダメージが蓄積していきます。
これから30年、40年と長く快適に住み続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせないのです。

家を建てたハウスメーカーや工務店によっては、建てたあとのアフターメンテナンスがついてくる場合もありますが、多いところでも3ヶ月後もしくは半年後の点検の後は、1年後、2年後、次は5年後など、だんだんと点検の感覚が長くなってくるのが一般的です。
アフターメンテナンスが次は10年後に来るから、と10年間も家のことを何も気にせずに放置してしまうのは絶対にNG。
住宅だけに限りませんが、なんでも早めに気づいて、状態がひどく前に対処することが長持ちさせるための秘訣です。

常に風雨にさらされ続けている外壁はこまめにチェックして、ひび割れやシーリングの目地などが劣化していないか目視でチェックを。
また、内壁はクロスが剥がれたりたわんだりしていないか、変色したりしていないかをこまめに確認するようにしましょう。
もちろん日々チェックすることが望ましいのですが、外壁などは意識しないとなかなか見ませんし、雨どいなどの高所は日頃からチェックするのは難しいところ。
そこで、例えば大掃除の際にしっかり確認するようにするなど、年に一度、家の全体チェックのタイミングを決めて行うのがオススメです。
劣化の状態が軽度なものであれば、ホームセンターなどで必要な道具を購入して、自分で修理することも可能です。
早めに対処すれば自分たちだけで処置ができるうえ、専門会社に依頼するよりもずっと安価に済ませることができます。

新築気分はどうしても数年で薄れてしまうものですが、大切に住み続けていく住宅だからこそメンテナンスは業者まかせにせずに、“自分たちが主体になって行う”という意識を持つようにしましょう。
こまめにチェックして、自分たちで修繕できるところを対処していれば、家の寿命を延ばすことができますし、何よりも業者に修繕を依頼する際の費用もグッと抑えることができますよ。

軽微な不具合は保証期間内に修繕

メーカーや工務店によって異なりますが、多くの場合、引き渡し後の数年間は「保証期間」というものがついています。
「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」などでの重大な瑕疵が見つかった場合は、引渡し後10年間は補修や損害を賠償するという法律があるものの、実際はそれよりも軽微な

「クロスが剥がれた」「床がきしむ」

そのような軽微な不具合に対しての保証は、1年~2年の短期保証となっているケースが一般的。
その期間であれば無償で修繕してくれるため、保証期間切れの前には特に重点的に確認するようにしましょう。

この期間を過ぎてしまうと有償での修繕となるため、気になる点がある場合は保証期間のうちにしっかり直してもらうようにすることがポイントです。せっかくの保証期間ですから、有効に活用したいものですね。

メンテナンスの基本は普段の掃除
愛着を持って楽しみながら行いましょう

住宅のメンテナンスというと大変な作業のように聞こえてしまいますが、実はメンテナンスの一番の基本は日々の掃除をしっかり行うこと。
どうしても溜まってしまうホコリや汚れなどをこまめに取り除き、家の空気を入れ替えるようにすれば、住宅を劣化させる原因となるカビなどの発生を防ぐことができます。
また、細部まで確認しながら掃除を行うことで、クロスの変色などの変化にも素早く気づけるようになりますよ。

忙しい毎日のなかで、隅々までピカピカに保つことは難しいかもしれませんが、

・月に一度は窓のサッシも掃除する
・普段動かさない棚の裏までしっかりチェックする

など意識して掃除すると良いでしょう。
特に、少しでも「おかしいな」と感じる部分があれば早めの対応を。

住宅はどうしても住み続けるほど劣化するものですが、こまめな掃除と早めの対応で劣化のスピードを遅らせることはできます。
また、しっかりと手をかけながらメンテナンスすることで、自宅への愛着もより一層増すというもの。
長く、快適に住み続けるために、楽しみながらメンテナンスをしてみませんか。

顧客サービス課より
イーカムでは2年の短期保証が切れる前に2年点検を受けることができます。ご希望の方はフォームよりご連絡ください。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す