LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2020.06.16

住宅を購入する時は何から始める?

そろそろ家が欲しいなぁと思ったら
まずは資料請求から始めよう!

結婚したから、子どもができたから、親との同居が必要になったから。
人によって時期は様々ですが、人生におけるライフステージの変化によって「そろそろ家を購入しよう」と思うタイミングが訪れるものです。
しかし、日用品などとは違い、家の購入は何度も起こるイベントではありません。多くの人にとって、家の購入は人生で一度の大きな買い物となるでしょうか。
だからこそ、漠然と「家が欲しいなぁ」と思っても、一体何から始めていいのか迷ってしまい、なかなか計画を前に進められないということが起こりがち。

資金の準備から?マンションか戸建てかを決めるのが先?それとも土地を決める?

そこで、まずは大まかな土地を決め、その土地に取り扱いがある住宅メーカーなど複数社に資料請求をしてみましょう。
直接各メーカーのホームページから請求する方法もありますが、今は一括請求できるWEBサービスなどもありますよ。
資料は会社によって様々ですが、大体・完成物件例・施工事例集・区画図面・間取り図・設備や仕様例・価格例・住宅購入の流れなどの資料を送付してくれます。
様々な資料を比較検討することで、各メーカーの強みや特徴がわかり、自分たちの希望に合うメーカー選びが可能に。
ただ、場合によってはメーカーの営業から直接連絡がくることもあるでしょう。
実際に営業の話を聞いてみるのも情報収拾としては有効ですが、時間がなかったり営業に押し売られそうで不安という方は、あらかじめ電話や訪問はしないでほしい、と伝えてみると良いでしょう。
逆にその希望を無視してまで無理やり連絡してくるようなメーカーは、あまり信用がおけないうえ自分たちの希望を聞いてくれる可能性も低いので、候補から外すこともできます。

いずれにしても、最初は広く浅く情報を集めるところから始めてみましょう。
住宅展示場や実際の物件の内覧なども積極的に行ってみるのがオススメです。
そのようにして情報を集めていくなかで、「これはいい!」「この条件は厳しいね」など、自分たちが本当に求めている条件がクリアになっていくでしょう。そして、それに対する予算感覚もわかってくるはずです。
家の購入は机上で決められるものではありません。シミュレーションだけではなく、資料を多く集め、候補の土地なども実際に足を運んでみることが大切です。
また、今は資料を一括請求できるサービスなどもあります。イーカムでは、迷った時や何から始めていいかわからないというご相談にも随時応じていますので、お気軽にお尋ねください。

住宅ローンの事前審査は早めに受けておきましょう。


自分たちの大まかな希望がわかってきたら、より詳細を決め込んでいく前に受けておきたいのが住宅ローンの事前審査です。
詳細を決めてしまってから、いざローンを!となって審査落ちしてしまっては目も当てられません。
予算の上限を知っておくためにも、事前審査は早めに受けておくのがオススメです。

事前審査に必要なのは

□本人確認ができる書類
□収入を確認できる書類
□勤続年数を確認できる書類

くらいで、最近ではインターネットやアプリでも手軽に審査を受けることができます。
事前審査の結果が大体数日程度でわかり、使える金額もわかってくるのでいろいろと決めやすくなってくるでしょう。
ただし、注意したいのは事前審査の他に本審査もあるという点。
契約前に本審査もあるため、不安な点や気になる点があったら事前審査の時にしっかり確認するようにしましょう。

物件を見ながらわかってきた家族の要望をまとめて、
皆の希望が叶う家にしよう

資料を眺めているとつい自分の夢ばかり膨らみがちですが、家族で住む家を購入する場合、生活するのは自分だけではありません。
家族のことだからわかっているだろうと思っていても、意外とそれぞれのこだわりポイントが違うもの。
そこで、様々な資料を見てわかった家族の希望をリスト化して書き出すのがおすすめです。
例えば、「立地は駅から15分以内」や「スーパーが徒歩10分圏内にあること」、「カウンターキッチンがいい」など。
夫は重要視していなかったポイントに妻がこだわっていたり、その逆もまたあり得ます。
そして、それぞれの要望にAからCまで優先順位をつけましょう。
そうすれば、住宅を決める際に何を優先していくのかが明確にわかり、家族皆の要望が叶う理想の家をめざしやすくなります。

さらに、すべての希望が出揃ったら大体の住宅購入の期限を決めてしまいましょう。
具体的な時期を決めずにいると金利や広告に惑わされて買い時を見失ってしまいがちになるため、「子どもが小学校に入学するまで」など決めておく方がオススメ。
これらの要望がハッキリしていれば、不動産会社もオススメの土地やインテリアなどを探しやすくなり、理想の家に近づきやすくなるでしょう。
具体的な家探しの段階になったら、ぜひイーカム営業部へご相談ください。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す