LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2021.11.01

人気の間取りをご紹介〜大型シューズインクローゼット/大型パントリー編

たっぷりの収納で
日々を快適に!

ファミリーで暮らす家で特に気になるのが「収納」です。
子どものモノは成長とともに増えていくため、収納場所がないとゴチャついて家の中が雑然とした雰囲気になってしまいます。
そこで、あらかじめしっかり収納できる間取りにしておくことがポイント。
リビングや子ども部屋にはたくさん収納をつける方が多いと思いますが、ぜひ取り入れたいのが大型シューズインクロークと大型パントリーです。

●シューズインクローク
玄関横に作られた大きな収納スペースのことで、靴を履いたまま出入りできるスペースです。
子どもたちのスニーカーやかさばる冬物のブーツなどを余裕を持って収納できるのはもちろん、大きなシューズインクロークになれば傘や帽子、ベビーカーなどもスッキリ収納できます。
外出時に使うものをまとめておけば、お出かけの忘れ物も防げそうですね。

●パントリー
食材を保管しておくための場所です。
多くのご家庭ではキッチンに食材もまとめて収納ということが多そうですが、パントリーを設けて保管場所を別にしておくと保存食などもたっぷり収納できますし、何より食品をたくさんストックできるので、買い物に行く回数を減らすことができます。
お皿やたまにしか使わない調理家電なども納めておけば、キッチン周りをいつも快適に保つことができますよ。

そんな、大型シューズインクロークと大型パントリーを採用した間取り例を実際に見てみましょう!

ゆったりしたLDKと和室で広々としたくつろぎの空間

玄関横に設けられたシューズインクロークは奥行きがあって、たっぷり収納可能!土がついたものや大きなベビーカーなどは奥に収納しておけば来客には見えないので、スッキリとした玄関を保つことができます。
また、キッチン背面にはキッチンと同じ奥行きのゆったりとしたパントリーが。
予備の調味料などをすべてパントリーに置くことで、キッチンはいつでも必要最低限のもののみ。快適な調理環境が保てそうですね。

外見からはわからない大容量収納!

図面を見て目を引くのが、シューズインクロークとパントリーの大きさ!
たっぷりの収納ができるスペースがとられていますが、シューズインクロークは奥行きがあり玄関から中が見えづらく、さらにパントリーはキッチン背面で仕切られているので、パッと見ただけではそこまでの大収納が隠れているとは思えないほど。
普段の生活スペースと収納スペースが近いながらも、上手に隠された例だと言えるでしょう。

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す