LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2022.01.31

マンションより戸建てが寒いって本当!?

戸建てが寒くなる理由とは…

マイホームの購入の際に、戸建てを希望しているものの「マンションより戸建ての方が寒い」という噂を耳にして不安に感じている方もいるのではないでしょうか。
実際にマンションと戸建てを比較すると、どうしても戸建ての方が寒さを感じやすくなっています。
その理由は…

〈戸建ての方が寒い理由(1)〉鉄筋コンクリート造と木造の違い
マンションはほとんどの場合、鉄筋コンクリート造です。
それに対して、戸建ての多くは木造住宅。鉄筋コンクリート造と木造を比較すると、機密性や断熱性は鉄筋コンクリートの方が高くなってしまいます。
また、木造住宅は経年劣化に伴って、木材が反ったり縮んだりして、隙間風が通りやすくなるため、より寒さを感じやすくなってしまうのです。

〈戸建ての方が寒い理由(2)〉間取りの違い
ある程度制約のあるマンションとは違い、戸建ての場合は間取りにこだわっている場合が多く見られます。
例えば、吹き抜けがある開放感のある間取りや、広々としたリビングなど、ゆったりと過ごせる間取りになっている反面、空気が温まりづらい・温かい空気が上部に逃げていく、などの現象が起きてしまうのです。

とは言え、戸建ても寒いばかりではありません!
近年では、「戸建ては寒い」という弱点をカバーするために、高気密・高断熱住宅が登場しています。

●高気密・高断熱住宅とは
精度の高い建築部材や、防湿シート、断熱材、気密テープなどを使い、出来る限り隙間を密閉。
さらに、外壁と内壁の間に断熱材を用いたり断熱性の高い窓を採用することで断熱性能を高めます。

このような住宅の構造からの工夫に加え、サーキュレーターの活用・遮熱性の高いカーテンの活用・窓ガラスの素材の変更などで、戸建ての寒さはしっかりと対策できます。
基本的な構造上、戸建ての方がマンションよりも寒くなりやすいという事実はありますが、住まいの快適性を大きく損うほどの差があるわけではありません。
寒さが苦手な方は、最初から高気密・高断熱住宅にすることを視野に入れたり、熱効率の良い間取りづくりを心がけたりすると良いでしょう。

寒い!と感じたら、まずは窓をチェック

しっかりと事前の寒さ対策を行ったつもりでも、実際に住んでみたら寒かった…ということもあるでしょう。
そんな時は、まず窓の防寒対策を行いましょう。
暖かい部屋の空気の約60%は窓から逃げていくと言われています。そこで、

●窓のサッシを断熱性の高いアルミ樹脂複合サッシに変更する
●高断熱のガラスに変更する
●窓に断熱シートを貼る

●など、大規模なリフォームの前にまずは窓の対策を。
窓だけでも驚くほど変わりますよ。

床暖房を取り入れてみるのも
寒さ対策のひとつの方法

空気が温まりづらいとというのはわかってはいても、広々としたリビングは絶対欲しい!と思う方にオススメしたいのが「床暖房」です。
温かい空気は上の方に上がっていくため、特に冷えやすい戸建てでは足元からしっかり温めるのが効果的。
エアコンと異なり、風がふくものではないので、ホコリも舞いにくく空気も乾燥しづらいという点でも魅力的です。

床暖房は最初から設置する他にも、リフォームで後から追加することも可能です。
床暖房の中にも、いろいろな種類があるので、検討中の方はお気軽にイーカムまでお問い合わせください。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す
まずは無料相談