LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2022.02.28

キッチンは高さや奥行きまでしっかりチェック!

事前のサイズチェックは忘れずに!

新築を建てる際のキッチン選びは、アイランド型や対面型などの見た目や、好みのデザインで選んでしまいがちです。
気持ちよく使うためにも、自分が気に入ったデザインを選ぶことはとても大切ですが、デザインばかりに気を取られると見落としてしまいがちなのが、高さや奥行きなどのサイズ。
キッチンは作業を行うための場所なので、高さが合っていないと腰などに負担がかかってしまう可能性もあります。
キッチンを購入する際は、必ず以下のサイズを確認するようにしましょう。

◆ワークトップの高さ
食材を切ったり調理をしたりするワークトップの高さは、キッチンの使いやすさを左右する重要なポイントと言っても過言ではありません。
一般的に使いやすいワークトップの高さは「身長÷2+5cm」程度だと言われています。
ただし、これはあくまで目安のサイズ。
実際にショールームなどで高さを体験してみて、自分にしっくりくるサイズを選ぶと良いでしょう。

◆キャビネットの高さ
調理器具や食器などを収めるウォールキャビネットを設置する場合は、自然と目に入ってすぐ手が届くゾーンが良いと言われています。
目安としては床から145cmほどと言われていますが、こちらも身長などによって個人差が出るもの。
実際に手を伸ばしてみて、使いやすいサイズをシミュレーションしてみると良いでしょう。

◆奥行き
システムキッチンの奥行きは手を伸ばして無理なく届く範囲とされる奥行き65cmが主流です。
ただし、棚を設置する場合やアイランド型キッチンの場合は、より長い奥行きが必要になるため、こちらも事前にシミュレーションしてみると良いでしょう。
他にも引き出し方収納がしゃがみすぎて出しづらくないか、なども予めチェックしたいポイント。
また、身長が異なる複数の人が使う場合は、誰をメインに設定するかなども事前に話し合っていた方が良いでしょう。

いずれにしても、頭の中で考えているだけではなかなかピッタリのサイズを把握するのは難しいもの。
できるだけショールームなどに足を運んで、ピッタリのサイズを見つけるようにしたいですね。

キッチンはレイアウト選びも重要

キッチンには様々なレイアウトがあります。
例えば

●壁付け型:空間を広く使える形状
●対面型:リビングを見ながら作業をしやすい
●独立型:リビングと壁などで区切ることで調理に集中しやすい
●アイランド型:調理スペースやシンクが独立したキッチン

などなど。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分たちの生活スタイルに合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

キャビネットなどもサイズは様々
しっかりと吟味して選びましょう

キッチンのサイズはもちろん、ウォールキャビネットなどもショートタイプやロングタイプなど、様々サイズのものがあります。
ショートタイプはスッキリとした外観を保つことができますが、その分収納力は少なめになります。
一方、ロングタイプは収納力は抜群なものの、高さがあるため奥のものを取る時は脚立などが必要になる場合も。

どんな形が使いやすいのか、設置してみたらどうなるのかは、実際に体験してみるのが一番です。
ショールームに足を運んでみたり、知り合いのキッチンを見せてもらったりしながら、事前に十分に吟味してみてくださいね。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す
まずは無料相談