LIFE PICK UP住宅購⼊コラム
2021.12.21

アレルギーを発症しにくい家づくりとは?

「シックハウス症候群」をご存知ですか?

親世代が子どもだった頃に比べて、現在、何かしらのアレルギー疾患を持っている子どもたちは増加傾向にあります。
ある調査によると、50%以上の子どもに何らかのアレルギー症状が見られるのだとか。
日々、健やかに過ごすためにはアレルギー対策は欠かせない項目のひとつになってきていると言えます。

アレルギーというと、特定の食べ物によって引き起こされるものが多いのですが、中には建物の建材などが原因で起こる「シックハウス症候群」と言われるものもあります。

〈「シックハウス症候群」とは〉
ダニアレルゲン、ハウスダスト、カビ、細菌、揮発性の化学物質などによって汚染された室内の空気を吸うことで、様々な体調不良を引き起こすことを言います。原因となる建物の外に出ると、症状がなくなったり軽くなったりすることが特徴です。

家の中にアレルゲンがあるため、家から離れれば良いのですが、一度建ててしまった家から簡単に引っ越すことはできません。
だからこそ、あらかじめアレルギーが発症しづらい家づくりを心がけておくことが大切です。
「シックハウス症候群」を起こさないためにチェックしたいポイントは、大きく以下の3つ。

(1)建材をチェック
平成15年7月の改正建築基準法で、居室に使用できる建材や塗料の規制が行われていますが、それでも小さな子どもにとってどんな影響があるかわかりません。
あらかじめ住宅メーカーに建材や接着剤の成分を聞いて、その成分が子どものアレルゲンにならないか病院で検査してみても良いでしょう。

(2)家具をチェック
「シックハウス症候群「の原因となる接着剤や塗料は、建材以外に家具やカーテンなどにも使用されています。
新築住宅の家具を選ぶ際は、アレルギーの観点からもしっかりチェックすることをお忘れなく。

(3)換気を徹底
「シックハウス症候群」は室内にとどまった化学物質などを吸い込むことで起こるもの。
しっかりと換気がされていれば、アレルギーも起こりにくくなると考えられます。
空気が循環しやすいレイアウトを意識しましょう。

せっかくの新築住宅、家族全員が快適に住めるように、あらかじめしっかりと不安の原因を取り除いておきたいですね。

空気清浄機や観葉植物も活用を

「シックハウス症候群」の対策のひとつとして、換気しやすい家であるという点を挙げましたが、

●花粉の時期は窓を開けづらい
●大きな道路が近くて外気が汚れている

などの事情もありますよね。

そんな時は、空気清浄機の活用を。
また、有害物質を吸収する観葉植物などを置くのも「シックハウス症候群」の対策のひとつ。
お部屋の空気をキレイに保つ方法を、いろいろと取り入れてみましょう。

事前に住宅メーカーに
よく相談することが大切。

「シックハウス症候群」にならないためには、あらかじめ住宅メーカーに相談しながら建築を進めていくことが大切です。
しかし、「シックハウス症候群」は詳しい原因がわかっていない部分もあり、完全に避けるのは難しいかもしれません。

住み始めてから「アレ?」と思ったら、リフォームするというのも方法のひとつ。
家具変更など、住んでからしかできない対策もあります。

毎日住む家は、少しでも快適で健やかなものであってほしいもの。気になることがある際は、イーカムにもお気軽にご相談ください。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す
まずは無料相談