LIFE PICK UP住宅購⼊コラム

あると便利!家のメンテナンス用品

簡単なメンテナンスは自分でやってみよう

大切な住宅を長持ちさせるためには、大きな定期メンテナンス以上に日々のこまめなメンテナンスが重要です。
汚れや傷が浅いうちに簡単な修理やお手入れを自分で済ませられるようになれば、ダメージを最小限に抑えることができ、家をより長持ちさせることにつながります。
とは言え、最初は「一体どんなメンテナンス道具があるの?」と疑問に思ってしまいますよね。
そこで今回は、家にひとつあると便利なメンテナンス道具をご紹介します。

●傷ついたフローリングに、クレヨンタイプの補修剤
フローリングの床は、ダイニングテーブルを動かす時やうっかりモノを落としてしまった時などに、えぐれてしまったり引っ掻き傷がついてしまったり…。
そんな時にクレヨンタイプの補修剤があると便利。
塗り込むようにすれば、傷をしっかりコーティングして、見た目もキレイな状態を保てますよ。

●破れたり、めくれてしまったりした壁紙に補修セット
小さな子どもやペットなどがいる家庭では特に、壁紙がめくれたり破れたりする場合があります。
そこで準備しておきたいのが、補修用壁紙やローラーなどの一式が揃った壁紙補修セット。
自分でサッと補修することで、そこからさらに破れが広がってしまうのを防ぐことができます。
ホームセンターなどに一式セットになっているものもあるので、いざという時のためにう用意しておくと良いでしょう。

●キッチンなどのカビの繁殖を防ぐコーティング剤
新築やリフォームの際にカビなどを防ぐコーティング剤を塗布する方は多いですが、これらの効果は徐々に薄れていってしまいます。
そこで、カビのコーティング剤を定期的に塗布して、カビの発生をブロックするのがオススメです。

●金属部分のなめらかさを回復するシリコンスプレー
玄関の扉の開きが悪くなった時や、引き戸のすべりが悪くなった時などに重宝するのがシリコンスプレー。
門扉や車止めなどのエクステリアのメンテナンスにも活用でき、サビつきを防ぐこともできます。

この他にも、アルミやタイルなどの汚れをキレイに落とすクリーナーや外壁の目地の補修材など様々なメンテナンス用品があります。
ホームセンターなどに行けばいろいろなアイテムが揃っているのでで、まずは見に行ってみるのもいいかもしれませんね。
早めに準備しておけば、いざという時に慌てずに対応できますよ。

こまめな掃除もメンテナンスのひとつ

家のメンテナンスというと補修などのイメージが強いですが、実は日々の掃除も大切なメンテナンスのひとつ。
カビや水垢、ホコリなどを溜まりっぱなしにしておくと、健康被害にもつながってしまいます。

長く住む家だからこそ、
「今日はしっかり掃除しよう!」
と気合を入れて行うよりも、汚れに気づいた時にこまめに拭き取ったり、
“ちょっとキレイにする”を習慣づける
方が大切。
キレイを保つ習慣づくりが、人も家も長く健康でいられる秘訣です。

自分たちで対応できない場合は
早めにプロに相談しましょう

簡単なメンテナンスは自分たちでできるのが一番ですが、迷った時は早めにプロに相談するもの良いでしょう。
最近では、ハウスクリーニングの業者などもあり、様々な相談が行いやすくなっています。

何事も早めの対処が肝心。
「これくらい大丈夫だろう」と安易に判断してしまわず、早めにプロに依頼することで、費用も時間もかなり節約できます。
逆に、放置して大事になってからプロに依頼すると費用がかさみますし、最悪の場合、元通りにならないということも。
家をより長持ちさせるためには、日頃から相談しやすいプロの業者を見つけておくのも良いかもしれませんね。

>イーカムの最新仕様カタログはこちら

 

エリアから探す 沿線から探す 地図から探す